TJCメディアラボ(TML)では、様々な用途に合った4タイプのARアプリケーションをご用意しております。
これら4タイプのARアプリケーションは、異なったシーンを想定しており、それぞれの用途において、プレミアムなセールス環境を提供します。




 

「mARq(マーク)」は、ARマーカを表示したい場所に貼り、高精細なCG画像(必要に応じて実寸)を表示することができます。ARマーカが画面上から外れても、iPadの持つジャイロ機能にてCG画像の表示を持続することができ、マンションのような大きなものや、室内空間の空気の流れを追うなどに効果を発揮します。
また、マーカーを使用していますので、CGを表示しながら見て回れるメリットがあります。



 

「MeAR(ミエール)」は、ARマーカを使用せず、特定の位置にCG画像を表示し、製品にARマーカを張りたくない、というご要望にもお応えします。一般的にARマーカが認識しづらい距離ある場所へのCG表示や、ARマーカの貼ってある位置に左右されないAR表示が可能です。



 

「FloAR(フロアー)」は、iPadで撮影された静止画空間に立体的にCGを表示します。iPadのジャイロセンサにより検出された傾きをもとに、ユーザの視点での空間レイアウトが可能です。表示される家具や家電などは、静止画空間を測定することで、実寸に近い表示が可能です。
視点限定で様々な角度から見ることはできませんが、手ブレがなく、合成が手軽に行えます。



 

「SquAR(スクエア)」は、製品を表示したい壁面の4点を決めることで、サイズと立体認識をし、CGを表示します。ドアや、窓、バルコニー、太陽光パネルなど、壁面に設置後のイメージをシミュレーションでき、オプション(製品バリエーション)やサイズの検討に有効です。





  mARq(マーク) MeAR(ミエール) FloAR(フローア) SquAR(スクエア)
合成タイプ リアルタイム リアルタイム 静止画合成 静止画合成
マーカー 有り ほぼ無し 無し 無し
視点 認識範囲 1点(調整可) 1点 1点
手ブレ 有り 有り 無し 無し
平面検出 マーカーによる 4点タッチ

※ 画面はハメコミ合成です。実際とは異なる場合があります。